2009年04月15日

春の装い

春麗らかすなぁ…
絶望的な書類の山を前に、完全に現実逃避しているzaki-nagaiです。

【イセザキ鯉のぼりストリート】
昨日4thMAN兄が記事にしてくれましたが、
毎年恒例の鯉のぼりが今年も登場しました。

5月7日頃まで、伊勢佐木町全域で50本の鯉のぼりが御来街のお客様を歓迎いたします。
神奈川新聞様の一面とか、読売新聞様に掲載して頂きました。
掲示中の鯉のぼりの中に、伊勢佐木町3丁目の尾張屋林呉服店の店主・林さんの遊び心で、
1本だけどこから見てもマグロに見えないマグロのぼりが、
大胆に掛けられていますので探してみてください。

【横濱開港新聞】
先述の神奈川新聞様が横浜開港150周年に合わせて、
2006年より発行している「横濱開港新聞」。
横浜の開港以来の歴史を事細かく調べ上げ、それを当時の記事風にして掲載したり、
関係者の対談や、地元の人でも初めて見るような資料が紹介されたりと、
本当に完成度の高い物で、神奈川新聞に折り込まれ、
合計25万部が発行されるものなのですが、
以前は「街編」として元町版とか、中華街版とかが発行されていて、
「良いなぁ」とか思いつつ熟読したのですが、
その横濱開港新聞より今度(5月発行)「伊勢佐木町」版が発行される事となり、
ただ今急ピッチで製作されている段階との事です。
(横濱開港新聞見本)

伊勢佐木町版と言う事で、当然伊勢佐木町商店街にも広告掲載依頼が来ているのですが、
それとは別に各店舗にも、横濱開港新聞担当の広告代理店から、
直接広告掲載依頼の連絡が入っているのですが、
発行部数25万部ともなると、広告掲載料金も結構な物となりますので、
殆どのお店にて、当たり前だとは思うのですが、
「伊勢佐木町版?それは良い話ですね。広告掲載?それは他のお店にドウゾドウゾ
と言った総ダチョウ倶楽部状態な反応な様で、
もしここで「じゃあウチが(広告を載せます)…」と言うお店が出てきたら、
むしろ英雄扱いだとは思うのですが、横浜開港150周年関連では、
日本経済新聞にも掲載された「純金たねまる」にて、横浜市民365万人の度肝を抜いた
4thMAN兄のお店ははたして英雄となるんでしょうか?

伊勢佐木町」版がどんな内容になるのか、今から楽しみにしているのですが、
この横濱開港新聞に関しては公文書扱いなのかは解りませんが、
発行から50年間は確実に保管されるとの事で、
神奈川新聞をお取りでは無い方は、50年以内に図書館などでお読み頂ければ幸いです。

Posted by zaki-nagai  at 20:11 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。