2011年09月30日

スパイス

テンションずんどこ状態なzaki-nagaiです。この世の理不尽おっかない。

伊勢佐木・若葉の若造集団ABY会員の中でも圧倒的に最年少・・・、
ABYの平均年齢を一歳以上下げてくれたまどかちんですが、
天性としか言いようの無い、天井知らずのアクティブな性格の持ち主で、
先月には「日本は平和すぎるんで」と一言残して
タイ、カンボジアへ2週間のサバイバル一人旅
に行って来たとさ。
最初は一人で旅していた物の、現地で同じく一人旅してる邦人の方いたら声掛け合って、
写真も見せて貰いましたが、仕舞いには旅仲間は集団になっていました。

タイからのお土産として、色々頂いて有り難かったのですが、
その中から現地臭がぷんぷんして来る、袋ラーメン(トムヤンクン味)と缶ビール。

先日、残業で午前様が確定した時に、先に飯食っちまえと言う事で、
早速その袋ラーメンを食べてみることにして、裏面の調理方法を見てみましたが。


なるほど、わからん

当然の事ながら、調理方法含めタイ語だらけで、
タイの方と話した機会なんて、福富町のタイパbもとい多分無いんで解らない。
ただ、何故かゴミの捨て方だけは日本語記載が有ったのですが、

この記載されている小袋4ヶの内、実際に袋に入っていた小袋は2ヶ

ただ、味付けの袋は入っているようで、
調理方法の絵柄から、どんぶりに麺を入れて、その上に熱湯をかける、
(左はカンボジアのANGKORビール。さっぱりしていて料理に合う)

「チキンラーメン」方式であろう、さらに調理方法の欄の「300」これはお湯の量。
「3」これは調理時間3分だと勝手に想定して、レッツクッキングしてみましたが、

出来上がりはこんな感じ。
見た目は日本の袋麺と違いは感じられませんが、何だか凄く良い匂いがします。
早速食べてみましたが、予想していたよりも全然美味い。

…イメージ先行して、辛過ぎて食えないとか、そんなオチを付けたかったのですが、
正直、何だか山下町のデカイ倉庫跡の多国籍料理屋のトムヤンクンと比べても、
スープ自体は凄く本格的な感じがして、あっという間に完食してしまいました。

と、言うオチの無い前降りは以上として、

【スイーツ探検隊】
先々週のお祭りの際、神酒所で飲んでいる時に、伊勢佐木町4丁目に本店を構えられる
「カステラ1番、電話は2番♪」で御馴染みの横濱文明堂平川社長とお話させて頂いていた中で、
「うち、今売り出し中のスイーツ有るんで、若い人達ご馳走するから食べに来ちゃいなよ!
と、太っ腹すぎるご提案を頂き、
「ご馳走」と言う言葉に対しては、脳で考える前に脊髄反射してしまう体質ですので、
是非喜んでとお答えさせて頂きましたが、ご馳走してもらうにしても、
ABY会員全員+ご家族で何て大所帯で行ってしまったら流石に失礼かと思い、
スイーツ=女性だろうと、この前女性週刊誌で見た方程式を生かして、
ABYの女性会員3名(+何故かぶらぶら付いてった暇な野郎共3名)にて、
伊勢佐木町1丁目「横濱文明堂」内に有る文明堂茶館「ル・カフェ」に行って来ました。地図はこちら
(ABY女性会員3名と、3年後に寿司をご馳走させて頂く予定の永田雄也さん)

平川社長お薦めの新メニュー・氷菓「パッピンス」の他、
どうせこの人数だから、それぞれ違うスイーツ注文しちゃおうぜと、
少し空気読めてない頼み方をした結果、

テーブルの上は、何か昔夢見てたデザート王国みたいな状況になってしまいました。

(パッピンス)

パッピンスに関しては、韓国生まれのスイーツで、
それに文明堂らしく和テイストを上手く取り入れられておりますが、
具・氷もまとめてビビンバの様に豪快に混ぜてから頂くのですが、
甘さの中にも沢山入ったフルーツの爽やかさも感じられて、夏場には最高のスイーツだと思います。
その他にも、カステラの間にアイスクリームを挟みこんだ「カステラアイスクリン
(カステラアイスクリン)

焼き立ての三笠山(どら焼き)の皮に、アイスクリームやシロップを付けて食べる「パステル」等、
漏れなく美味でして、時間的に昼食時間帯と言う事もあって、
デザートをガッツリ頂くと言う、なかなか出来ない体験をさせて頂きました。
平川社長本当に有難う御座いました。
また、新商品が出来た折には是非お誘い頂ければ幸いです

…それにしても、こんな美味しいイベントばっかりだったらABY今頃会員20名位になってるんだろうな。

Posted by zaki-nagai  at 00:10