2008年07月30日

やっぱり生が一番

子供の1ヶ月以上の夏休みが心の底から羨ましいzaki-nagaiです。

昨日は物凄い雨と雷でしたが、意外にも7月に入ってから、
纏まった雨と言うのは昨日のが初めてだった様ですね。


先日26日実施させて頂きました「イセザキモール・ラテンフェスタ
スタッフとして若造団体ABYから4th MAN兄・初代若旦那兄・ツン・コタニーニョが奮闘して来ました。
今回のラテンフェスタは一般市民の方やプロダンサー含め100人以上が参加したパレードと、
ラテンコンサートの2部構成のイベントで、
結果的には、表面上大きな事故も無く無事に終了する事が出来ました。

確かに表面上は問題な無かったのですが、裏の部分では正直トラブル続き
その中で一番酷かった事なのですが、
パレードに関しては、本当は生演奏にしたかったとの事でしたが、
最初は無難にと言う事で、特別に許可を取って、
音が出せる車をパレードに随行させ、音楽を流すって事にしたのですが、
この車、本来は「○○○に清き一票を宜しくお願いします」的な使われ方をする車で、
ひたすら音量は出て、パレードの行列全体に音が行き届きますので、
音楽関係はこの車1台に全て任せる計画、…でしたが

パレード開始直前、本当に30分くらい前に、
最終的に音のチェックをって段階で、車の中に有る音源のスイッチを入れてみたところ
「シーーーーン」
あ、あれ?
ウンともスンとも言ってくれない音源。
何度かスイッチを入れなおしたり、ケーブルの確認等して見ても、全く反応なし。
当然音楽が無ければ踊れないんで、この車から音が出なければ、イベント開催不可。

(パレード後方に有るのが、直前まで起動しなかった「ドSカー」)

炎天下なのに、冷たい変な汗を掻き始めている自分。
100人を超えるダンサーの方々は、もう着替えも終わり、プロのダンサーの方に関しては、
今日の為にわざわざ仕立てた衣装を着ている方もいる中、
遠方からこのイベントを見に来てくれたお客様が、ぼちぼち松坂屋前に集まりつつある中、
あとはもうヨーイ!ドン!を待つだけの状態下で、肝心の機材が昇天状態。
ガチ土下座?
フルボッコ?
いっその事逃走しちゃおうかな?

等とネガティブな考えがみるみる沸き始めていたのですが、
最後の望みと言うべき、伊勢佐木町の宣伝委員長を務められている、
伊勢佐木町6丁目「大野電気商会」の大野さんにヘルプ電話をしてみた所、
大野さんも当イベントの他の部署の担当や、自店の仕事でてんやわんや状態の中、
何とか抜け出して駆けつけてくれる事に。

大野さん到着後、直ぐに機材のチェックを始められたのですが、
故障はしていない模様。配線も問題なし。
機材自体は問題ないとなると、さらにその動力源となる所が怪しいとの事で、
さすが電気屋さんと言うか、常時携帯している電圧測定器でバッテリーの電圧を調べてみた所、
なにやら低周波治療器レベルの電圧しか発生していない模様。

原因は車自体のバッテリーが上がっていたので、そこから電気を取る音源もアボンしていたとの事。
ほんの2時間前までは問題なく動いていた車でしたが、現場に駐車している間に、
何らかの原因でバッテリーが上がってしまった様でした。

スタッフ総出で車を押し、大野さんの車のバッテリーと繋げ、
エンジンをかけて見た所、見事に復活
音源も何事も無かったように動き出し、けたたましい音楽を鳴らしてくれました。


開始直前に準備が整い、ぶっつけ本番に近い体でパレードは何とかスタート出来ましたが、
パレード自体は、気温が物凄い高い中でしたが、ダンサーの方々が最後まで頑張ってくれて、
大きな問題も起きずに、1km以上の道のりでしたが、ゴールすることが出来ました。

次回、パレードを実施するときは、是非とも生演奏で、と強く思った1日でした。

Posted by zaki-nagai  at 15:29 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。