2008年06月25日

They are changing

また、悲しいお知らせです。
ご存知の方も多いと思いますが・・・・
横浜松坂屋が2008年10月26日を以って閉店するそうです。



(写真をポチっとやってください、音楽が流れますので)
曲は、Bob Dylanの名曲、♪The times they are changing♪

思えば、子供の頃から、当たり前にあったデパートで
多分、初めて、デパートでの買い物は松坂屋だったんじゃないかな。
昔あった、「食堂」も懐かしい。
子供の頃、外食大好きな祖母と一緒に御飯を食べに行ったものです。

不確かな記憶だけど・・・・
ウチのおばあちゃん、勿論、「野沢屋」の時代でしたが
確か、その食堂で働いてたって聞いた事があります。
母も、「松坂屋」になってから子供服売り場で働いていたって聞いた事があるし・・・。

昼食の時に、この話を従業員としていたら
この従業員も「野沢屋」で働いたことがあると言っていたし。

う~ん、妙に、親近感というか、
そんなものを感じますよね。

この街に昔から住み続けている人にとっては、松坂屋はあって当たり前で
無くなることなんて想像した事、無かったんじゃないかな。
うちみたいに、松坂屋になんらかの記憶や繋がりがある人
この街には多いのではないでしょうか?
勿論、僕自身も含めてですが。

それだけ、地域に根ざし、愛されていたデパートなんですよね。

Bob Dylanではないけれど・・・・・「時代は変わる」。
けれど、その地で愛された人や、物は、その時代を一緒に生きた人々の
心に永遠に残り続けると思う。

正直、無くなってしまうことは寂しい事ですが・・・・・
これから、この街がどうなっていくのか・・・・本当に楽しみです。

横浜松坂屋に関しては、ウィキペディアをご参照ください。

でも、1点だけ、疑問があって・・・・
あの建物って、横浜市の歴史的建造物に指定されているんですよね?
プレースリリースによると、「建物を建て替える」計画があるそうなんですが
ほんとに出来るのかな??
個人的には、建物だけでも残したもらいたいって思います。









Posted by 045の082(初代若旦那)  at 16:48 │Comments(8)

この記事へのコメント
松坂屋のニュースは、新聞でみました。
まだ野沢屋だった頃から、横浜のシンボル的な
存在でしたね。やはり時代の波に逆らえず、
歴史的存在のデパートが消えるのは寂しい
ですね。あの建物が戦後米軍にいち時期
接収された時、私の母が将校の通訳として
勤務していた事もあり、建物がなくなるようで
思い出が消えていくようで寂しく感じます。
その後新しい施設が誕生するようですが、
地域の活性化につながる事を願いたい。
Posted by なっちゃんなっちゃん at 2008年06月25日 20:33
こんばんは☆みや(スタッフ)です。
いやぁ~、ショックですよね。
昔「野沢屋」で働いてたという方も、寂しいご様子でした。
「街は生き物」、これから、どんな風に生まれ変わるのでしょうかね?
Posted by みやちゃんみやちゃん at 2008年06月25日 21:52
松坂屋は横浜唯一のお好み食堂やデパ地下を利用してたので、なくなるのは寂しいです。今の建物を取り壊して、建て替えてスーパーにするという話ですが、ただのスーパーにするのではなく、有名洋菓子店やパン屋、有名雑貨店やカジュアルブランドの店は何店かは、新しく出来るスーパーに出店して欲しいものです。
Posted by ききお at 2008年06月26日 11:37
なっちゃんさん>

本当にそうですよね。
思い出というか、街の一部がなくなる、
そんな気がしてなりません。

本当に、どうなるんでしょうか?
楽しみなような、心配なような。。
Posted by 若旦那 at 2008年06月26日 21:02
みやちゃんさん>

こんばんわ。。

確かに、街は生き物ですよね。
きっと、松坂屋だけに限らず、僕らが住んでいる
この伊勢佐木地区が、あらたなるアイデンティティを模索し
そとにアピールしていく、そんなターニングポイントなのかも知れませんね。

未来への礎になる事を、ただただ願うばかりです。

また、その未来の一端を担う者として
より自分の街を知り、らしさを創造出来る様な濱っ子にならなきゃ・・と
思う次第です。。
Posted by 若旦那 at 2008年06月26日 21:06
ききお様>

はじめまして。
レス、ありがとうございます。

そうですね、どんなお店が出店するのか
気になるところですよね。

まぁ、計画もまだ、市の認可が下りていない様なので
進捗をチェックしていきたいと思います。

また、遊びに来てくださいね。
宜しくお願い致します。
Posted by 若旦那 at 2008年06月26日 21:07
こんばんは。


野沢屋・・・、・・・・ですか・・・。

よく両親に連れられて行きました。

あの界隈のデパートの屋上には当時のひげのような子供を遊ばせる
ささやかな遊園地もありました。

ノザワマツザカヤ・・・。むしろいまだに新しい名称として記憶に残っています。
ひげの世代はやはり野沢屋でした。

斜め向いの有隣堂には祖母が勤めておりました。
伊勢佐木町のこの通りには祖父がお店を出しておりました。
一本裏の道には親類が寿司屋を・・・・。

いまはすべて遠い彼方の記憶にしか残っておりませんが、
濱の歴史、当時のモダンな建物であった野沢屋が無くなってしまうのは
またひとつ「齢」を意識してしまうことでもあるのです。
Posted by ひげ at 2008年06月26日 22:38
ひげさん>

おはようございます。

ご家族の皆さん、あの周辺に縁のある方ばかりだったんですね。
思い出が詰まった、あの伊勢佐木町のランドマーク
「野沢屋」(「松坂屋」)が無くなってしまうのは、本当に
この街に住む人間なら、寂しさを感じずにはいられないでしょう。

若輩者の自分は、「齢」ではなく
何か、自分達が、この街を変えていかなきゃいけない世代ではないのか?
と、痛切に感じるニュースでした。

街は生き物。
皆さんに愛されるような街に、元気な街になるように
出来る事は知れていますが、頑張って取り組んでいきたいと思ってます。
どうぞ、ご協力宜しくお願い致します。
Posted by 若旦那 at 2008年06月27日 07:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。